TOPページ > Excel・IT開発 > Excel実務のノウハウ > 罫線を変えシートをきれいに印刷をする

罫線を変えシートをきれいに印刷をする|Excel実務のノウハウのお勉強

このエントリーをはてなブックマークに追加

きれいな印刷をする

印刷は定番中の定番処理ですが、実は印刷の仕方によって相当見栄えが変わってくるのをご存知でしょうか?
(個人差もあるかもしれませんが、通常の罫線をかけて印刷する表ならば、Wordで作った表の方が印刷時に罫線がExcelのそれよりも細くて見やすいと思いますが・・) ちょっとした工夫で同じ表でも見栄えが全然変わってきます。


機能としてのきれいさも必要

通常印刷できれいというと、印刷自体の精度やデザイン性に目が行く部分もありますがここでは機能的なきれいも指しています。

■例1:ごく普通の表
普通の表


ポイントは線の強弱と色にある

結論から言うとポイントは罫線の強弱です。この強弱をつけることで見栄えが大きく変わってきます。
またせるだけでなく、その線に色を付けることでも線が強調するのを防ぐことができ、データが見やすくなります。
(ホームページ上ではわかりづらいですが、実際に印刷するとその差がわかります)

まずはこのごく普通の表に罫線を引きます。

■例2:罫線を(初期値状態で)普通に引く
セルの書式設定から罫線作成

罫線を設定
表が短くてわかりずらいのでデータの部分をコピーして長い表にしました。次にわかりづらいですが、印刷プレビューでみてみます。

■例3:罫線を引いて印刷プレビューで表示
最初に印刷プレビューで確認

まずよくあるパターンでもう少しみやすい形に変えていきます。
■例4:罫線+見出し行を加工して印刷プレビューで表示
見出し行を色づけ

見出しの1行目のセルに色をつけ、太字、中央寄せにしました。
よくあるパターンはここまで多いと思いますが、ここで更に罫線の強弱をつけたいと思います。

■例5:罫線で細い線を選択、そして印刷プレビュー
セルの書式設定の罫線画面

再度印刷プレビューで確認

実は、この細い点線上の罫線は点線で印刷されないのです。
印刷すると細い線となって表示されます。
これだけで線の太さが強調されず、セルの値がみやすくなります。
ぜひ一度お試し下さい。


罫線に色をつけてみる

実は更に、見やすくするには罫線の色も使います。下記は50%灰色を使っています。
Accessのデータをコピーし、Excelに貼り付けた場合など灰色の線が引かれていますが、同じイメージです。
罫線に色をつける

灰色がベター
またセルの改行が含まれた場合でプレビューを見ると
罫線の色を変更して印刷プレビューで確認

これは他のセルも改行したセルの幅(+ α)にあわせるとみやすくなります。
セルの幅を調整

このような表の見た目を意識すると、表の見やすさは理解のしやすさや誤解を招きにくいなどの効果があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Excel実務のノウハウ 関連ページ


グローウィン有限会社
東京都三鷹市下連雀3-27-1 三協ビル2階-B 地図を見る
トップページ
入力代行関連
Excel・IT開発
中国アテンド
会社概要
プレスリリース
お問い合わせ
お問い合わせ内容一覧

英文ページ(English)
中文ページ
プレスリリース お問い合わせフォーム