TOPページ > Excel・IT開発 > Excel実務のノウハウ > CSVファイルが文字化けしてExcelで見れない時の対処法について

CSVファイルが文字化けしてExcelで見れない時の対処法について|Excel実務のノウハウのお勉強

このエントリーをはてなブックマークに追加

CSVをExcelで開くと文字が化けている

CSVファイルは、通常Excelと関連付けされていて、通常のブックと変わらない形で見ることができるはずですが、特定のCSVファイルにおいてなぜか文字化けしてしまうことがあります。 ここでは、このような場合の対処方法について説明します。
文字化けを修復してExcelで正しく表示させる


文字化けの対処方法でも解決できない時

ここで挙げている対処方法は2つですが、いずれの場合も後述する「文字コード」が原因の場合です。
したがってここでの対処方法でも見れない(文字化けが発生する)場合は、別の原因があることが考えられます。どうしてもわからない時は別途お問い合わせ頂ければ、弊社でも確認いたします。

※下記の方法は念のためにCSVファイルのコピーでお試しください


文字化け対象方法1:CSVファイルの「再保存」で文字コードを変える

文字化けしているCSVファイルに入力されている文字の種類がExcelでは読めない種類になっています。そこでCSVファイルの文字をExcelで読める形式に変換します。
1.メモ帳を起動
メモ帳を起動する

2.メモ帳でCSVファイルを開く
簡単な方法として文字化けするCSVファイルをメモ帳にドラッグする方法があります。
「ファイル」メニューからCSVファイルを開いてもOKです。
メモ帳でCSVファイルを開く

3.ファイルを上書き保存する
この時点で文字化けせずに見えたら、後は上書き保存するだけです。 CSVファイルの文字が化けてないか
CSVファイルを上書き保存

これでExcelで開いてみてください。なお、もしこれでもダメなときは念のため上記「3」の保存時に下記の方法もお試しください。
CSVファイルをANSI形式で保存


文字化け対象方法2:Excelでの読み込み時に文字コードを変更する

もう1つの方法はExcelの通常の機能を使ってCSVファイルを読み込みますが、その際に文字コードを指定する方法です。
この方法は、CSVファイルの文字コードをプレビューで確認しながら選択できるので直観的で分かりやすいかもしれません。

1.CSVファイルを「外部データの取り込み」-「テキストファイル」から開く
CSVファイルをExcelで開く

2.「テキストファイルウィザード1/3」で文字コードを選択する(プレビューを見ながらやると簡単)
文字コードをプレビューを見ながら選択

3.以降のウィザードでカンマ区切りなど所定の条件を設定し、最後に「完了」クリック ウィザードの指示に従い適切な選択を行う

これで見れるはずです。なお、この方法は、Excelで開いた段階ではCSVファイルとリンクされているので下記のようにリンクを切ると通常のCSVファイルとして見ることができます。 プロパティで定義済みのクエリーを削除する


文字コードについて

ここで説明している文字コードですが、私たちが通常意識しない点なので分かりにくいですが、文字には種類があります。
例えば、見る分には同じ日本語でも、「Shift-JIS」や「EUC」、「UTF8」などがあります。
(弊社でインターネットでダウンロードするファイルには「UTF8」が多いです) このため、開くソフト(ここではExcel)がその文字コードに対応できないと文字が化けたり、開けないということになってしまいます。
そこで今回は、Excelで読める形式に変えてCSVファイルを開いてみるという方法で対処しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Excel実務のノウハウ 関連ページ


グローウィン有限会社
東京都三鷹市下連雀3-27-1 三協ビル2階-B 地図を見る
トップページ
入力代行関連
Excel・IT開発
中国アテンド
会社概要
プレスリリース
お問い合わせ
お問い合わせ内容一覧

英文ページ(English)
中文ページ
プレスリリース お問い合わせフォーム