TOPページ > Excel・IT開発 > Excel実務のノウハウ > 「あれ、クリックできない?」淡色表示の意味について

「あれ、クリックできない?」淡色表示の意味について|あべっきぃの超Excel

このエントリーをはてなブックマークに追加

淡色表示・・「やりたくてもできない!」は、一体なぜ?

Excelで、ある操作を行おうと思ったときに、リボン上のアイコンが「クリックできない状態」になっていることがあります。これにより「いつも使っている操作ができない」、そんな状況に誰もが一回は陥ったことがあると思います。

「淡色表示されて、クリックすらできない!!」

この淡色表示は、慣れてない方にとっては非常に意味が分かりづらいのではないでしょうか?今回はこの点について説明したいと思います。
淡色表示されている箇所の画像


淡色表示とは

誰もが一度は経験する淡色表示状態(笑)。この淡色表示化されたアイコンは、クリックができません。
そもそも淡色表示とはどんなことを指すのでしょうか。
この淡色表示となったアイコンなどは、「今の状態では作業できない」という意味になります。
セルの文字列を選択した状態にする淡色表示される機能がある

このような淡色表示された機能はクリックができないため、その作業ができません。

また、Excelでは「一つの操作を行う方法が複数用意」されているケースがありますが、複数の方法すべてで作業ができないようになっています。
例えば、以下ではセルを選択した上で右クリック→セルの書式設定の画面を開いたところですが、「フォント」タブのみ表示されています。
上の画像も見てもらえれば分かりますが、リボンのフォントに関するアイコン以外は全滅ですし、書式設定の画面でも「フォント」以外は表示されていませんね。 カーソルがある状態でセル書式設定でも使える機能のみ表示される
通常は一番下の点線赤枠のように他のタブも表示される。

ちなみにこの「淡色表示」という呼称ですが、「グレーアウト」という人もいます。


「できないこと」は分かった。でも解決方法が分からない・・

淡色表示されると、「その機能がこの状態では使えない」ことを示します。
つまり裏を返すと、「操作できない状態である」とExcelが教えてくれているということです。
しかしながら、それで問題が解決するわけではないのがやっかいなところです。
「やりたい機能ができない」こと・・これは、クリックができないから半強制的に分からされます。
しかし、
「じゃぁ、どうすればよいのか」・・この先にある対処方法が分かりません

なお、淡色表示化しないで、「できない理由」、あるいは「何をすればよいか教えてくれる」メッセージもあります。
フィルタではデータがないとき、淡色表示化しないでメッセージが表示される

このようなメッセージが表示されると分かりやすいですが、、、「淡色表示される」場合、あるいは「メッセージが表示される」場合・・うーん、この違いが何か分かりませんね。


淡色表示したときに解決できそうな対応について

「淡色表示された後、どうすればよいか分からない」

色々な場面、状況で淡色表示されるので、「これだ」という解決策を示すのは難しいですが、なかなか解決ができない場合、経験的に以下の方法を試してみてはいかがでしょうか?


1.ESC(エスケープキー)を押す

何かの作業途中で淡色表示された場合、ESCキーを押してみます。通常、「ESC」キーの場所はキーボードの左上にあると思います。
実際の場面では、一連の作業の流れの中で発生するため、「何かの作業途中かどうかも分からない」と思いますが、やりたいアイコンや機能が淡色表示化されているときは、まずはESCキーを押してみます。

例えば、セルの中にカーソルがあるとき、その状態で「できない機能が淡色表示」されます。その場合に「ESCキーを押してみる」です。
こうすると今の作業状態がキャンセルになりますが、(フォーカスが外れて)淡色表示が解除される場合があります。
セルにカーソルがあたって関連機能が淡色表示されている


2.対象となっている処理を選択し直す

これは慣れてない方に多いように思いますが、今(通常)の状態であったとしても、そもそもその機能が使える状態ではないから淡色表示されているケースもあります。
例えば、「グラフが選択されている状態」であることに気づかず、セルの書式を変えようとしたとき、書式設定に関連するアイコンが淡色表示されていて、「あれっ、セルの書式変更ができないけど・・」みたいな場合です。
グラフを選択しているため、セルの色アイコンが淡色表示化されて変えられない

これは、単純に設定したい対象(例えばセル)を選択した状態にすれば淡色表示が解除されます。
グラフのフォーカスを外し、セルを選択するとセル色を変更できるようになる


3.開いている他のブックも確認する

これは、淡色表示というよりも、淡色有無どちらでも、「一切クリックができない」ときに当てはまりますが、他のブックが影響していないかも確認するとよいと思います。
案外、気づきにくいケースですが、他のブックが作業中(操作途中)の場合もあります。この場合、画面の裏に隠れているとなかなか気づけません。
もう一つのブックにプリンタの設定の画面が表示されている

なお、3つ目のケースでは、PCにスピーカーがあれば、淡色表示だけでなく実は「ビープ音」も出ているというケースもあります(必ずビープ音が発生しているのかは分かりませんが)。
このビープ音は、淡色表示のみというわけでもなく、マウスでExcel内のどこの箇所でも全くクリックできないケースで発生するようです。


解決方法は、どのような状況にあるのか、で変わる

このようにやりたいと思ったアイコンなどが淡色表示されている場合、そのときの状況によって、どうすれば解除できるのかが変わってきます。

淡色表示を解決するためには、今行っているの作業を中断せざる得ないため、シンドい作業になりますが、作業の一コマずつ上下左右一つ一つをみていくしか方法がないと思います。
本来ならば淡色表示ではなくメッセージを出してくれればありがたいのですが、現状としては「気をつけて作業をする心構え」がもっとも現実的なやり方かもしれませんね。



このページの執筆者について

Excel実務のノウハウ 関連ページ


グローウィン有限会社
東京都三鷹市下連雀3-27-1 三協ビル2階-B 地図を見る
トップページ
入力代行関連
Excel・IT開発
中国アテンド
会社概要
プレスリリース
お問い合わせ
お問い合わせ内容一覧

英文ページ(English)
中文ページ
プレスリリース お問い合わせフォーム