マクロ

スポンサーリンク
Excel関連

困った・・私はマクロ実行するだけ。突然エラーで先に進めなくなった・・それでも「やらねばならない」とき

今まで動いていたマクロのエラーは、Excelマクロ開発が未経験者でもうまくいけば対処できる可能性を探ります。「今まで動いていたマクロ」ならば、「プログラムコードの修正はあり得ない」という前提です。内容が広くて深く、扱いにくいトピックですが、今まさに困っている方向けに、できるだけ丁寧な説明になるように心がけました。
Excel関連

いや、ここはSubじゃない・・「Functionだ!」と感じるとき(をゆるく説明します)

マクロ(VBA)に馴染めてくると、「Functionプロシージャ」という存在にも気づき始めますよね。しかし、慣れてないと、このFunctionはSubとどこが違うのか、なぜ必要なのか、分かりにくいですね。そこで今回はこの違いと言うか、使い分けについてゆるく説明します。
Excel関連

Excelのマクロ(ブック)とアドインの違いについて

マクロとアドインは何が違うのか。実際のところ同じVBAを使っているわけで、それぞれで「できることの差はおおきくない」と思います。しかしアドインを使うと開発や運用効率、使い勝手が良いケースもあります。今回はマクロとアドインのどこが違うのかについて説明します。
Excel関連

「マクロ」と「VBA」の表記に意味の違いはあるのか

Excelの上級レベルには「マクロやVBA」といわれる機能があります。このマクロとVBAですが、表記の違いだけでなく意味も違うのか・・この点について考えてみたいと思います。
Excel関連

マクロの記録を使ってもできない「作業の記録」について

マクロの記録を使い始めるレベルになると作業効率への貢献度合いが劇的に変わってきます。その一方でマクロの記録だけでは「絶対に出来ないこと」もあります。本ページではマクロの記録を使っても「絶対できないこと・困難なこと」などについて紹介します。
Excel関連

マクロの記録をする時に気を付けること

Excelを使い慣れてくると「マクロの記録」という言葉が気になる方もいらっしゃると思います。実際にマクロの記録を使っていると慣れないと不可思議なエラーに戸惑うことも少なくないと思います。ここではマクロの記録をする前に考慮した方が良い点についてまとめました。
Excel関連

Excelのプログラム(マクロ・VBA)を使うメリット

Excelの日常の定型業務があればマクロやVBAをしないともったいないくらい劇的な効率化を図れますが、この恩恵に気付けるのは初心者よりもある程度慣れ親しんだ方だと思います。極端な言い方ですが、「面倒だ」と感じるところを自動化できたら?と考えてもらった方が初心者の方にはわかりやすいかもしれません。
Excel関連

「マクロの記録」をアルバイト山田さんに例えてみると・・

Excelの機能にマクロの記録があります。上級者向けのこの機能は、慣れるまで意味がよく分からないということもあるようです。そこで「マクロの機能とは」を(無理やり?)アルバイトの山田さんで例えてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました