VLOOKUP

Excel関連

VLOOKUP関数が思うように使えない場合

VLOOKUPでうまくいかないとき、解決が多岐に渡ることがあります。そのため、できるだけ多くの事例と説明画像をたくさん入れました。この記事の作成の頃から私も成長しました(笑)。更なる知見を詰め込んで内容をおおきく刷新しました。
Excel関連

思ったより複雑な日付を整理してみる(関数編)

日付を関数や数式で参照してうまくできない場合、色々と気をつけなくてはいけないことがあります。前回ご紹介したページでは、この前段として書式を見ました。今回は実際に関数や数式を使って様々な入力や書式設定をした日付がどのように反応するのか見てみたいと思います。
Excel関連

Excelで関数だけを使って請求書を作成する

Excelの関数だけを使って請求書を作成してみます。ダウンロードもできますので直接ファイルを見ながら確認いただけるとよいと思います。シートを「2つ」作るだけで、簡易性、管理のしやすさは劇的に向上します。ここでの主要関数はVLOOKUP、IFです。
Excel関連

VLOOKUP関数が使える、と思える「表」とは

VLOOKUP関数は、非常に勝手の良いメジャーな関数です。一方で、VLOOKUP関数は一つの鬼門として考えている方も少なくないようです。今回はVLOOKUP関数の使い方ではなく、「どういう表ならばVLOOKUP関数が使えると思えるのか・・」という点から説明します。
Excel関連

Excelで関数だけを使って宛名を連続印刷をする

Excelで関数だけを使って宛名の印刷をします。今回は複数の宛名をまとめて印刷する方法について説明します。イメージとしては関数を使って、1つのシートに複数の宛先(宛名)を表示し、それを長形3号に合わせて印刷する流れになります。
Excel関連

理屈は不要!とにかくVLOOKUP関数を作りたい!

VLOOKUP関数は便利な関数ですが、覚えるには少しコツのようなものが必要です。VLOOKUP関数は、イメージ的な把握だけではとっつきにくいというのが慣れてない方の印象のように思います。 そこで今回は、できるだけ説明をすっ飛ばし、半ば機械的に覚えられ、みなさんが使っている表でVLOOKUP関数が使えるようすることに挑戦します。
Excel関連

VLOOKUP関数とは何か、何が便利なのかを考えてみる

VLOOKUP関数はどんな役割があるのか、どんな時に使うのが望ましいのか等を考えてみたいと思います。いきなり「VLOOKUP関数で一発解決だよ」と言われてもピンとこない方は本ページの内容も参考にしてください。
Excel関連

VLOOKUP関数の落とし穴に気をつける

ExcelのVLOOKUP関数で、同じ値を持った場合の振る舞いについて誤解すると面倒な動作をすることがあります。これは日本語でVLOOKUP関数を使う場合だけでなく英数文字で使う場合も同様です。
Excel関連

VLOOKUP関数で複数条件の検索に対応してみる

表によってはVLOOKUP関数を使って、2つ(以上)の条件に対応させたいことがでてきます。このページではそのようなときにできるだけVLOOKUP関数を使って対応する方法を説明します。「仕掛け」を押さえると案外簡単に思えるかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました