TOPページ > Excel・IT開発 > Excel実務のノウハウ > 「Excel」と「エクセル」の表記に意味の違いはあるのか・・

「Excel」と「エクセル」の表記に意味の違いはあるのか・・|あべっきぃの超Excel

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Excelとエクセル」発音も同じ、指すものも同じ、だから同じ意味なの!?

今回はある意味どうでもいいかもしれない?内容について思う部分をお話したく思います。 というのも、「Excel」と「エクセル」この表記について私は意味があると思っていまして・・

「Excel」と「エクセル」という文字の使い方に違いはあるのか


「Excel」と「エクセル」どっちを書く?

皆さんは、メールでの入力や紙などにこの文字を書くときにどちらを使うでしょうか?
私の場合は、ほぼ必ず「Excel」です。基本的には、「エクセル」というカタカナで書くことは無いです。
ちなみにExcelほどではないですが、ドキュメントの「ワード」も「Word」と書きます。ただし、「パワーポイント」は、「PowerPoint」と字数が多くて何となく悩みます。。


「Excel」のほうが「エクセル」よりもスマートな印象!?

個人的には、「エクセル」よりも「Excel」のほうが、少しレベルの高いイメージがあります。
もっとも、以前に何人かの人に聞いたことがありますが、私と同じように思う人もいれば、まったく関係ないという人もいましたが。。

なお、イメージ的にはExcelにある「マクロ」と「VBA」も同じ意味で言っていることが多いと思いますが、私としてはやはり「VBA」のほうが専門性の高い技術が詰まっているように感じます。


ちょっと検索してみる

では、Googleで検索してみるとどうでしょうか?
一概に比較するようなことはできませんが、例えば以下で検索してみます。

Googleで検索
PCで検索してみます(シークレットモードで検索します)。
Excelとエクセルの検索結果(シークレットモードで検索)

このようになりました。それぞれの文字には、例えば会社名で同じ文字を使用しているなどで検索件数がずれるのはある意味当然と言えますが、件数には大きな隔たりがありますね。
もしかしたら、可能性で言えば、Excelの操作などで困ったときに検索するとき、「Excel 〇〇」という文字で検索したほうが、検索結果数が多い分、求めている内容に近いページが見つかる確率が高いかもしれませんね。


ちなみに関連語ではこのような感じでした。
Excelとエクセルの関連後の検索結果

「Excel」のほうには化粧品が混じっていますね。面白いと感じたのは「online」と「オンライン」というのが、「Excel オンライン」や「エクセル online」になっておらず英語と日本語が統一?されていました(笑)。

※検索結果は動的です。常に変動していますのでご注意ください。


仕事サイトでもちょっと検索してみる

実は先日、このページを書いているときに気になりました。仕事募集のサイトではどのようになっていると思いますか?
2つの派遣会社で見てみました。派遣会社は通常は自社Webサイトで仕事の案内紹介をしています。
数千の案件があり、探す側から見ると、そこでは「検索が必須」となりますよね。

仕事を提供する側(派遣会社)から見ると、「Excel」と「エクセル」の両方の検索文字に対応していないと、仕事を探している人が見逃したり、漏れてしまう「チャンスロス」に繋がります。
先程のGoogleのように件数に大きな隔たりがあると、もったいないわけですね。

以下は、2つの派遣サイトで見てみました。
1.パソナ
2.リクルートスタッフィング

こちらについて・・非常に興味深い結果になりました。

パソナの検索結果
パソナの検索結果


リクルートスタッフィングの検索結果
リクルートスタッフィングの検索結果

このようにパソナでは、ほぼ同じ件数でした。一方、リクルートスタッフィングでは、件数に大きな差が出ました。
これの意味するところは、文字通り「検索で見つかった案件の数が違う」こと言うことにほかなりません。
つまり、「Excel」あるいは「エクセル」に絡んだ案件を検索したい場合、それぞれ両方の文字で検索する必要があるかもしれません。
もっとも、どちらも仮に件数が全く同じでも、Excelとエクセルでそれぞれヒットした案件の内容が同じものかどうかは分かりませんが、、、

※今回の検索はあくまでも「Excel」と「エクセル」の違いを見るためのものです。派遣会社でも何らかの意図を持って行っている場合や、私自身の気づいていない部分もあるかもしれませんのでご注意ください。

ちなみにパソナのサイトで別の興味深い結果を見つけました。
フリーワードに文字「Excel」を入力すると、Googleの検索と同じようなサジェスト機能が働きます(自動的に関連する単語の一覧が表示されます)。その中にある矢印の部分ですが「ExcelVBA」と表示されています。

パソナでサジェスト機能のワードを検索すると・・

その文字を選択し、そのまま検索をする結果と、「Excel VBA」とスペースを入れて検索する結果と異なります。空白スペースを入れた後者の検索のほうが結果数が多くなりました。。。
パソナで「Excel VBA」の検索で空白区切り文字有りと無しの結果


すべては主観的な考え

ここに挙げた内容は、あくまでも私の主観的な考えです。どちらの文字を使うと良いか、悪いかを決めるものではありません。ただ個人的に、あくまでも個人的には「Excel」という文字にしたほうが損が少ない、、、そんな気がします(笑)。

さて、皆さんはいかがでしょうか?



このページの執筆者について

Excel実務のノウハウ 関連ページ


グローウィン有限会社
東京都三鷹市下連雀3-27-1 三協ビル2階-B 地図を見る
トップページ
入力代行関連
Excel・IT開発
中国アテンド
会社概要
プレスリリース
お問い合わせ
お問い合わせ内容一覧

英文ページ(English)
中文ページ
プレスリリース お問い合わせフォーム