TOPページ > Excel・IT開発 > Excel実務のノウハウ > Excelでアンケート作るときのフォーマットで注意すること

Excelでアンケート作るときのフォーマットで注意すること|あべっきぃの超Excel

このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelアンケート作るときのフォーマット

「アンケートをExcelで作りたい」
このようなお話は比較的よく耳にします。

アンケートをExcelで作成することはそれほど難しくありません。かなりきれいに作れます。
しかしながらExcelでアンケートを作るにはいくつかのポイントがあります。
(これらのポイントによってはWordで作ったほうがはるかに楽な場合があります)

■例1:Excelアンケートのイメージ
Excelアンケートのイメージ

どのように(どのような方法で)アンケートを提供回収するのか

Excelで作成したアンケートをどのような方法で回収するのか考えることは重要ですね。

  • データとして回収 例:メールなどに添付して送り、メール添付で回収
  • 紙媒体として回収 例:印刷して配布し、紙で回収

Excelアンケートの回収について
この点はExcelで集計作業を考慮したときに、非常に大きなポイントになります。
特にExcelのマクロ機能を使った集計を考えている場合には、この使い分けは後の作業効率を大きく左右します。

冒頭のアンケートイメージ画像はアンケート結果を紙媒体として回収することを目的に作成しています。

「紙回答」と「データ回答」の回収以降の違い

アンケート作成にかける時間では紙回収を目的とした作り方の方が短くてすみます。要は簡単です(笑)。

その大きな違いは、「紙回答」の場合、アンケート回答者にセルに打ち込ませる仕組みを考慮する必要がないからです。
→「手書きでの回答」ならば、Excelの機能を考慮する必要がないのですね。

一方、データとしてアンケート結果を回収した場合のメリットとして、その集計が効率的にできます。
マクロ機能を使わないにしても、Excelの各回答シートから各結果をコピペできるなどです。
マクロ機能(VBA)を使った場合は、その差は劇的になります。

■例2:Excelアンケートの質問
Excelアンケートの回答拡大イメージ
上記の内容はごく一般的な質問事項です。これについて手書きではなく敢えてExcel上で回答してもらう場合は下記のようになります。

■例3:Excelアンケートの質問の回答
Excelアンケートの回答したところ

ご覧のように、この場合はコピー&ペーストだけでなく、Excelの持っている優れた機能を使うことができず、各アンケートの回答結果を「目で見て判断」せざる得なくなります。 簡単にいえば、Excelの機能を使って回答の回収ができない、とうことです。


「データ回答」は回答者の使い勝手も考慮

データとして(ここではExcel上で)回答をもらう場合、回答者の使い勝手も考慮しなければなりませんね。

■例4:Excelアンケートの質問の回答
Excelアンケートの回答イメージ
これは例3と同じ画像ですが、このような「円で該当する項目を回答する」にはアンケート回答者のちょっとしたスキルを要求します。

■例5:Excelアンケートの質問の回答を図形で囲む1
Excelアンケート回答を図形で囲む1

上記のようにアンケートの回答を図形で囲むためにツールバーの「楕円」を選択することが一般的な形になると思いますがこれを選択し、そのまま使おうとすると下記のような結果になります。

■例6:Excelアンケートの質問の回答を図形で囲む2
Excelアンケート回答を図形で囲む2

このように初期設定では図形の塗りつぶしが「有り」になっているので囲むという結果になりません。

これが紙のアンケートの場合だと、ペンを使って囲むだけですが、データで回答してもらう場合、回答者側の回答できるスキル、知識が必要とされます。
この知識(方法)を知らないと、回答者から見て「使いにくい」アンケートという結果になりかねず、そのための問い合わせや予期せぬ形で回答してくる場合も考えられますね(シンドそうです)。


データでアンケート結果回収を意識したフォーマット

このように「データでアンケート結果を回収」する場合は、回答者に回答をセルに打ち込んでもらう仕組みを作る必要があります。
ただし、Excelはかなり自由度が高いソフトなので、セルに予期せぬ値が入ると集計が煩雑化するので「限定的」に回答できる仕組みがベターです。
例えば、「入力規則」を使った方法です。

■例7:Excelアンケートの質問の回答で入力規則を使う
Excelアンケート回答で入力規則を使う

このような設定をすることで、回答者に限定的に回答を促すことができ、集計も同じ目線で見ることができ作業の効率性向上が可能になります。

アンケートのフォーマットの決め方には、回収方法とその集計が大きく影響することがおわかりいただけましたでしょうか?
この点に注意しながら考えることで後になって「しまった!」がなくせるのではないかと思います。



このページの執筆者について

Excel実務のノウハウ 関連ページ


グローウィン有限会社
東京都三鷹市下連雀3-27-1 三協ビル2階-B 地図を見る
トップページ
入力代行関連
Excel・IT開発
中国アテンド
会社概要
プレスリリース
お問い合わせ
お問い合わせ内容一覧

英文ページ(English)
中文ページ
プレスリリース お問い合わせフォーム